鍋谷スト日記 (nabetanisuto)

1968年生まれのオッサンライダー。6年間のインドネシア海外赴任を終えて落ちぶれた体を元に戻すべく奮闘中!鍋谷ストの名前は大阪-和歌山間の鍋谷峠でジテツウしていた事に因んで付けたけど、引越してからはR310金剛トンネルでジテツウ…既に何も因んでないがそのまま鍋谷ストでw  あまり役に立たない内容ですが宜しければお付き合いください。

人生初のイノシシ激突

もう2週間近く前の話になるが、ジテツウで使ってるルートでの出来事。

帰宅後にQ-RINGSの再調整で橋本〜五条間の農免を走っててイノシシの家族に出くわす!

ギリギリ車が対向できるくらいの道幅で10%の下りでした。


急に道を横切る感じで一列棒状w 

イメージ図 ↓↓

f:id:yuipapa711:20200701080953j:plain

先頭は親イノシシでその後ろにウリ坊が7〜8匹続いてました。私の存在に気付いたウリ坊は各々に逃げるが1匹だけ私の方に向かってくる!

それを避ける様に左に行くもウリ坊は更に寄ってきて右側から私の前輪にブチ当たる‼︎

バランスを崩して右側に倒れそうになるが変に堪えてハイサイド気味に逆方向に飛ぶ( ̄▽ ̄;)

で左膝からガガガッて落車し、その反動で反転して右側にもガガッという感じで止まる…


『うわっ、転けてもーた』って感じで起き上がる。体に大きなダメージがないか確認しよーと思ったが親イノシシの唸り声が聞こえたので慌てて逃げなければ!と思ったが辺りは暗闇で何も見えない…

そう、ライトが落車の衝撃で飛んでなくなってる。辺りを見渡すとぶつかったウリ坊の近くに落ちていたので、ウワーッと叫びながら取りに行くw ←威嚇のつもりww

さぁ、逃げなって思ったらサングラスも飛んでなくなっとるやん(-。-;  で、探したらまたまたウリ坊の近くに…壊れてるか分からんけど度付きレンズを入れててお金がかかってるwので回収して早々に逃げる‼︎


チェーンが外れているのは直ぐに気づいたのでとりあえず押して下る。後でGARMINコネクトとマップで確認したら200mくらい走ってた。


街灯のある所まできて一安心。先ずは自分の負傷箇所を確認する…

左膝からどえらい出血&エグレ…( ̄◇ ̄;)

骨見えとるし、腱みたいなのが千切れてビロ〜ンとぶら下がっとるがな。


うん、コレは多分アカンやっちゃな…とすぐ分かるレベル。

まぁ、さっき走れたし骨は折れてないから自走で帰れそう… とりあえず嫁さんに一報入れて救急で診てもらえる病院を探しといてもらう。


さて、外れたチェーンを嵌めて車体を軽く持ち上げて落として異音がないが確認、ホイール回転チェック、ブレーキチェックOK。自転車のダメージは案外なさ気でひと安心。


サドルに跨ってペダリングし、膝が曲がるか?ペダリング出来るか確認。もちろん痛くて力が入らんけど何とかOK。ってことでそこからアップダウンを繰り返しながらチンタラ20分くらいかけて無事帰宅。(無事ちゃうけどww)



娘が玄関までお出迎え。膝見て『うわっ!それ、大丈夫なん?』

f:id:yuipapa711:20200705133529j:plain

グロいのでスタンプで隠してますw

f:id:yuipapa711:20200705133700j:plain

左膝以外は幸い大小の擦過傷程度で、画像の左手は小の部類。画像はないが右膝の擦過傷は大の部類。あと両肘、左肩、左腰、左足首に打撲&擦過傷。


病院はなかなか見つからない。外科の宿直医師が居てる病院が少ない?


待ってる間に強引にシャワーして夜ご飯をば。



ようやく見つかったのが和歌山県貴志川町の病院で、『応急処置後に転院されるのであれば診れません!コッチで手術〜治療をしてもらえるのであれば診ます』と条件を出される。

正直、自宅からクソ遠いので応急処置して状況次第では転院を…と考えていたが背に腹は変えられませんので貴志川リハビリテーション病院で診て頂きました。


傷口の洗浄は地獄(-。-; 廊下に私の呻き声が轟くw

当日は洗浄と仮縫いをして翌日に当院外科医に委ねるとの事。




つづく。。