鍋谷スト日記 (nabetanisuto)

1968年生まれのオッサンローディー。6年間のインドネシア海外赴任を終えて落ちぶれた体を元に戻すべく奮闘中!鍋谷ストの名前は大阪-和歌山間の鍋谷峠でジテツウしていた事に因んで付けたけど、引越してからはR310金剛トンネルでジテツウ…既に何も因んでないがそのまま鍋谷ストでw  病んでる心臓を労わりながらボチボチ走ってます。

ジャカ自と行く南大阪エリア

ジャカルタ自転車部大阪支部メンバーから南大阪エリア案内の依頼を受ける。

私が案内したルートは日頃ジテツウで走ってる金剛トンネルルート+かつらぎ町在住時のジテツウルートであった鍋谷峠の2つ。


集合場所は河内長野駅近くのパーキングに6:30。

今回のメンバーはINKYさんとOGWさんのお二人でいつもは北摂エリアを走られてる。

CANYON AEROAD CFRのお披露目(^^)

河内長野をスタートしてR310で金剛トンネルを目指す。

トンネルで少し写真撮ってからいつものビューポイントまで下ります。

ココで時間調整をしてヤムヤムのオープンに合わせる。

ちょうど8:00にヤムヤム到着して焼き立てホヤホヤのパンを頂きます。

ここから山麓線で橋本方面に向かい、巷で話題のおむすび🍙のお店に。

さっきパンを食べたとこなんでお試しで一つずつw

そこから河南道路でかつらぎ町方面へ。

久々の大門口橋を渡る。ここのルートも私のジテツウルートであった。東渋田に住んでいた頃、鍋谷峠経由で旧170号で河内長野方面へ37kmの懐かしいルート。

今日はあまりの暑さで道の駅くしがきの里で休憩(^^)

話題の桃パフェ🍑を目当てに入るも… この価格はハンパねぇΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

って事で1500円のミニパフェにしとく。それでも食べ応え充分でした(o^^o)

お二人に鍋谷峠を満喫してもらいました。和歌山側ですがw

ここからは旧170号で河内長野駅まで走って終了です。

帰宅後に炭酸水150mlとプロテイン180mlを飲んで53.8kgと完全に干からび状態でしたww

校正の校正でAEROAD CFRの重量は?

 

前回の記事でAEROAD CFRの重量に誤差があり最初の計測値より重たくなったと書いたが…

その時の記事↓↓

yuipapa711.hatenablog.com

 

実は校正で使った7kgの鉄アレイも7kgではなかった(o_o)

計測前は0kgを確認(右画像)して7kg鉄アレイを計測します。結果は6.75kgでした。という事は7÷6.75=1.037で、初めに計測した7.15kg×1.037=7.41kgがAEROAD CFRのチューブレス仕様の重量ということですね(๑>◡<๑)

この状態(ペダル込み)からチューブを抜いてバルブとシーラントを入れた状態が7.41kgです!! アルテグラR8000のペダルが250gとして…

ぺダルレスのAEROAD CFRの重量は 7.16㎏ と言い切る


ってか、校正の校正みたいなめんどーな事せんでもチャリ担いでその体重計に乗ればええやん!って思うけど、色々外してサドル変えたりするのもめんどーww

 

CANYON AEROAD CFRの重量は…

CANYON AEROAD CFRが届いてその日に組んで計測していたけどInstagramには上げていたがこのブログに上げてなかったので記録として残しとく。

素で組んだ状態でシマノアルテグラのペダル込みで7.33kg。

この素の状態はどノーマル状態なのでチューブレスタイヤにチューブ入りとなってます。

その数日後にチューブレス化にして…

180g弱のチューブの抜いた計算上重量は7.15kg

(シーラント前後20ccずつとチューブレスバルブを追加したら7.2kg辺り?)

えっ?軽すぎない??いくら CFRでもペダル込みでこんな重量は見たことない。

Instagramのフォロワーさんの CF SLXで7.8kgと言っておられてその時は単純に CFRスゲ〜(๑>◡<๑)とか思ってたが…

 CFRと CF SLXってカーボンのグレードの差だけなんで違っても0.1kg程度っしょ?と冷静になる(-_-) あとパーツ構成にも差はあるよね… アルテ12sとeTapAXS12sの差はいくらなんでしょうか??


そもそも計測に使った秤は自転車雑誌のオマケで付いてたやつww

とりあえずそのオマケを自宅で出来る校正をしてみる。

ちょうど自宅にある鉄アレイ7kgで校正した。

まぁ、この鉄アレイも本当に7.0kgかは?であるがw  一応信じて7÷6.53=1.072を係数として計測した数値にかけてみる。

冒頭の画像で7.33kgからチューブレス化で7.15kg×1.072=7.66kgとなりやした(^人^)

私のCANYON AEROAD CFRのアルテペダル込み重量は7.66kgです(←と言い切るw)


因みに普段のジテツウ仕様だと…

8.98kg×1.072=9.63kg  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

まぁ、それはどうでもええんです。ジテツウ仕様なんで重たくてOK。

別にオモリを付けてる訳ではないですが、ジテツウでの帰宅は暗闇の峠で獣が出没するダウンヒルがあるのでLEDライトはダブル装着。

サイコンホルダー下のLEDライトはCANYON純正品。ハンドルバーエンドに付けてるライトはレザインCLASSIC DRIVE 500XLを真下に向けて使用。この真下を照らすのがマイブームd( ̄  ̄)


あと、ジテツウ時のトラブルで遅刻だけは避けたいんで、パンク修理等の補修品をツールBOXとサドルバッグに詰め込んでます。

そう言えばサドルもスペシャのパワーサドルに交換済みなのでこれも重量化に加担してるな(^_^;)



涼しい所を求めて

出発が遅れて10時過ぎ… この季節にこの時間は既に地獄(-_-)

西高野街道から高野山に…と思ったが余りの暑さに予定変更で県道4号→3号のかつらぎ桃山線へ。

この道は程よく狭くて交通量が少なくて良い。真夏に程よく狭い道は日陰ができやすく涼しいんです!

日向やんww  まぁ、たまには日向もありますが基本日陰です。

途中で黒川峠→桃山町→紀ノ川筋で橋本まで。

10年目の心臓検診

インドネシア海外赴任に行く前の年の検査で心臓サルコイドーシスの疑いで精密検査をして結果は白でもなく黒でもなく…グレーのまま早10年目が経つ。

その時の検査結果が↓↓↓

yuipapa711.hatenablog.com

サルコイドーシスの検査↓↓↓

yuipapa711.hatenablog.com

トレッドミル検査↓↓↓

yuipapa711.hatenablog.com

最終判断は↓↓↓

yuipapa711.hatenablog.com

 

今回も変わらず現状維持な状態だそうで… 良いのか悪いのか(-_-)

これまで担当医は4人変わってきたが誰一人として『アスリートハートやから大丈夫ですよ』と言ってくれませんでした。

数値が物語ってるんでしょうね。EFが48%の心不全… それがサルコイドーシスから来るものなのかはグレーといった結果で病状の進行をチェックするために年1の心臓検診を続けている。

もちろん来年の検査予約もしてきた。担当医は『来年は薬を勧めようと思います』って。

 

とりあえず心拍制限しながら有酸素運動は続けてます。

CANYON購入時の注意など

CANYONの自転車はご存知のようにショップでは売ってないので自分でホームページから購入するしかない。国内は知らんけどジャカルタだとショップ経由で購入できるらしい… いや、購入できるショップがあると言った方が正確かな?

私の知人がショップ経由で購入したのでそれは間違いない。

このCANYONがそうで、私はその当時CANYONってほぼ知らないに等しいメーカーで、その当時は全く興味のないブランドでしたがw

そんな私がCANYONを買うことになるとは(^^)そんなこんなでCANYONホームページで在庫確認しつつ、他の人のブログで購入した経験談や気を付けるポイントなど念入りに調べた。

ホームページも初めのうちはよく分からなかったが、毎日チェックしてるうちにわかったことがある。

下の画像は昨日の段階のAeroad  CF SL8の在庫状況です。

私のチェックしていたXSサイズで見るとCOMING SOONとなってて8 1, 2022〜8 12, 2022と書かれている。これは2022年8/1〜8/12に生産しますよ!という生産計画らしい。だからその初日(月曜日)の朝7:00にチェックする!が1番確実とCANYON JAPANのスタッフさんが言ってました。なぜ7:00かと言うと生産はドイツ本国で日本との時差が7時間あり、ドイツの日にちが変わる0:00にホームページが更新されるんやって。

生産計画の下に入荷通知の登録ってのがあり、自分の欲しいモデルとサイズの所のコレをメアド登録しとくと入荷したよ!って知らせてくれるそうな。私は欲しいモデルを全て登録してました。一度だけメールが届きましたがその時は会議中で30分後に在庫確認ページを開いたらもう既に売り切れ(T-T) TwitterとかでもCANYON公式が入荷情報を呟いたり、各個人が『入荷したらしいよ、購入したい人は急げ!』みたいに呟くからあっという間に売切れるのを何度も経験した。

あと、この生産計画って超テキトーで、8/1〜生産開始やと思ってたらしょっちゅう計画が変わるし、なんやったら計画はまだ先やのにイキナリ在庫ありになったりww ←私はこのパターンでした。心の準備もしてない時にZwiftアップ時にチェックしてたら『あっ!』ってなってZwiftやめて購入手続きした。

後から気付いたのがホームページの下の方にフィルターってのがあり、それで自分の欲しいサイズ(XS)に絞ったらいちいち各モデルを開きにいかんでも済む。私はSRAMコンポの CFRかSLXが欲しかったから3モデルをチェックしてたかな。

在庫があれば左下のように『ご注文可能』で、なければ『COMING SOON』と出る。


完全に生産が終了していたら『在庫切れ』とでるようだ。

まぁ、どっちにしても毎朝チェックするのが確実って事ですね。


まぁ、とにかく人気でいくら購入出来る資金があっても購入出来ない人が沢山いてるんでしょうね。私はチェックし始めて3ヶ月くらいかかりました。


購入するためのポイント

① ホームページは生産計画を信用せずマメにチェック

② 在庫が出て無事に抑えたとしても迅速に支払いまでいかんと誰かに先を越されるので素早く支払いを済ませる

③支払いはおそらくクレジットカードからとなるのでご自分のカードの支払い限度額を予め確認&上げておく

④ 事前にホームページでアカウント登録をしておくと購入時のモタつきを減らせる

トップページの右上から登録できます


とにかく人気モデルだと瞬殺と言われているからカートに入れても安心できません(カート=自分の物ではない)ので、一気に支払いまでいかないとダメ。因みに私も一度カートに入れたけどモタついてなくなった事がありました^^;

AEROADの細かいけど良いところ

CANYON AEROAD CFRを組んで色々と必要なアイテムを取り付けててビックリした事があった。

それはボトルゲージを取り付けるキャップボルトが凄いの!

上の画像を見て『おっ!』って思った人は鋭い( ̄▽ ̄) キャップボルトの長さが今までにないくらい長いんです!ただムダに長いんじゃなくて、ちゃんとメス側もその長さに併せて長いの。(←言ってる事が伝わってるかな?)

          ↓↓↓ココ!!

いくらボルトが長くてもメス側のネジ山が5山とかやったらムダに長いだけやけど、CANYON AEROADのはメス側も長い(ネジ山がめっちゃあるねん!)

それともう一つ凄いのが、この部分のキャップボルトの頭が大きくても4mm、下手したら3mmとかで非常に舐めやすいけど、このAEROADは何と5mmなんです!!

5mmのアーレンキーでキッチリと締める事ができるのは非常に安心である。

細かい話やけど、長いキャップボルトにネジ山のかかりも長い、しかも舐めにくい太いアーレンキーで締める。安心以外の何者でもない(´∀`*)